神のみぞ知るセカイWiki

基本設定/ストーリーの概要

 地獄では、地獄から抜け出した悪人の魂――駆け魂(かけだま)の捕獲・討伐に四苦八苦していた。
 駆け魂は放っておくと、女の子の心の隙間に潜り込み、この女の子供として転生してしまう。
 それを防ぐため、地獄では 駆け魂隊を結成し、悪魔を地上に降ろして人間の協力者(バディー)に協力を仰いでいた。
 駆け魂は、心の隙間がなくなってしまえば表に出るしかない。つまり協力者の男性に女の子を陥落させ、恋の力で心の隙間を埋めてしまおうという作戦である。

 さて、地上には「落とし神」と呼ばれる少年がいた。桂木桂馬、彼こそが「攻略できない女子はいない」と世間に言わしめた落とし神である。
 但しギャルゲーの。
 二次元の世界で神と呼ばれた彼は、地獄の勘違いにより悪魔・エルシィの協力者とさせられてしまう。失敗すれば桂馬の首が飛ぶ。
 仕方なしに現実女の攻略に乗り出した桂馬は、今日もエルシィと共に駆け魂を追っている。

編集メニュー : 新規  編集  MENU編集  添付  バックアップ  差分  凍結  一覧